伏木地区

img-header-toyama

天平の頃 すでに小矢部川の河口付近が船着き場として利用されていた伏木港。 現在は、3万トン級船舶の係留施設をはじめ、上屋・荷役機械などの整備が整い、多くの貨物を取り扱っています。近年は、港湾機能の一層の充実と時代のニーズに応える港湾をめざし、「伏木外港」の建設が進められています。

沿革

奈良時代中期 万葉歌人の大伴家持が越中国守として赴いた頃には、既に港として利用
1663年(寛文 3年) 江戸幕府の船政所13港のひとつに指定され、沿岸貿易港として栄える
1899年(明治32年) 開港場に指定
1900年(明治33年) 内務省第三区土木監督署の直轄工事として庄川下流部の治水工事とともに伏木港の第一期修築工事が始まる(庄川・小矢部川の分離、河口の浚渫、護岸工事)
1951年(昭和26年) 富山港と統合し、伏木富山港と改称、重要港湾に指定
1986年(昭和61年) 特定重要港湾に指定
1989年(平成元年) 伏木外港建設着手
1997年(平成 9年) 伏木外港万葉1号岸壁、2号岸壁完成
1999年(平成11年) 伏木港開港100周年
2002年(平成14年) 伏木外港北防波堤(1,500m)完成
2006年(平成18年) 伏木外港国際物流ターミナル完成
2008年(平成20年) 伏木外港防波堤(北)延伸事業起工式を開催
2009年(平成21年) 伏木港開港110周年
2012年(平成23年) 伏木外港防波堤(北)延伸(150m)工事完成

主な事業

◆外港国際物流ターミナル(-14m)

船舶の大型化に対応するため、平成18年に万葉3号岸壁(伏木外港国際物流ターミナル)が完成しました。

2015img-fushiki
 伏木地区(平成27年2月撮影)

港湾計画図(平成28年2月一部変更後)

page top