富山地区

img-header-toyama

古くから神通川の河口港として栄えた富山港。 県都富山市の海の玄関として、より大型船舶に対応する港「富山外港」建設の要請が強まっており、市街地まで通じている三つの運河を憩いの場とする再開発(ポートルネッサンス)も進められています。

沿革

室町時代 越中岩瀬湊として三津七湊のひとつに数えられ、繁栄
江戸時代 加賀藩の廻米輸送、北海道・奥羽・敦賀との交易で栄える
1926年(大正15年) 内務省新潟土木出張所の直轄工事として東岩瀬港第一期修築工事が始まる(東防波堤、浚渫工事)
1939年(昭和14年) 開港場に指定
1951年(昭和26年) 伏木港と統合し、伏木富山港と改称、重要港湾に指定
1966年(昭和41年) 1号岸壁(ー9.0m)工事が竣功、5号岸壁(ー5.5m)(改造)工事が竣功
1968年(昭和43年) 2号岸壁(ー10.0m)(改造)工事が竣功
1969年(昭和44年) 6号岸壁(ー6.0m)(改良)工事が竣功
1972年(昭和47年) 3号岸壁(ー10.0m)(改良)工事が竣功、8号岸壁(ー7.5m)及び9号岸壁(ー4.5m)工事が竣功
1986年(昭和61年) 特定重要港湾に指定
1987年(昭和62年) 10号岸壁(北)(ー7.5m)工事に着工
1990年(平成2年) 10号岸壁(北)(ー7.5m)工事が竣功、1号岸壁(ー10.0m)(改良)工事に着工

主な事業

◆国際物流ターミナル2号岸壁改良

伏木富山港(富山地区)国際物流ターミナルは、水深10mの連続した3バースの岸壁で、主にロシア向け完成自動車やリサイクル材を扱う施設として利用されています。 しかし、供用から50年近くが経過する2号岸壁では、エプロンの沈下や鋼矢板の腐食などの老朽化が進行し、利用にも不都合が生じていたため、老朽化対策及び耐久性を付加した改良工事を行うこととなりました。 老朽化対策による既存ストックの延命化、並びに緊急物資の受け入れに資する耐震改良事業として、平成26年度より事業が行われています。

2010toy_b
富山地区(平成27年2月撮影)

港湾計画図(平成28年3月軽易な変更後)

page top